生活環境工房あくと

TOP> 高層マンション地震防災対策
高層マンション地震防災対策〜管理組合、自治会、管理会社、他関係者のみなさまの取り組みを、さまざまな形でサポートします〜
 近年急増している高層マンション。最新の設備、眺望、充実した共用空間など、さまざまな魅力がある一方で、多くの場合、高密度集住ならではの、また、にわかにできた新しい居住地区ならではの防災課題・コミュニティ問題等を抱えています。
 弊社では、このような高層集合住宅特有の課題に対して早くから積極的に取り組み、関連する講演会、訓練・イベントの企画・サポート、住民参加の防災計画づくり等を行っています。

 一口に高層マンションといっても、その課題はさまざまです。
 弊社では、その地域、そのマンションに応じた各種ご提案を行い、お住まいの方、関係者の方々の安心安全への取り組みのお手伝いをいたします。
 主なメニュー
 自衛消防訓練や防災訓練は、とかく「やればよい」と思われがちです。しかし、毎年同じメニューで、主要部分は「消防署やライフライン各社などにお任せ」というだけでは、参加者が増えないばかりか思わぬ弊害も出てきかねません。
 たとえば、訓練で1階まで避難したり、マンション内の備蓄の話を聞いたりしたため、本当はそうではないのに「何かあったらすぐ1階に避難」「マンションで備蓄しているから個人ではしなくてよい」等と思い込んでしまうといった例もよく耳にします。

 せっかくのチャンスです。自分たちの生活、自分たちのマンションのあるべき姿・ルールを「災害時」という視点からみんなで見直す機会にしませんか。また、災害時の安全にとって不可欠なマンション内のコミュニケーションを育む貴重な機会にしませんか。

 弊社では、各地域、各マンションの実情に合わせた訓練・イベントの企画、実施のお手伝いをしています。お気軽にお問い合わせください。

  • 各フロア、複数フロアでの安否確認
    (人のつながりも育みます)
  • マンション内避難所の運営訓練
    (共用部の使い方を現地で検討できます)
  • 防災資機材の使用訓練
    (仮設トイレや投光機などの設置、担架の使用訓練など。使ってみればさまざまな課題が見えてきます。)
  • ●●マンション防災クイズ
    (子ども大人も楽しく参加できます)
  • 炊き出しパーティー
    (なべを囲めばコミュニケーションも深まります)
  • 「※※タワーの階段を昇ろう!」イベント
    (安価で健康的、防災計画立案上のデータ収集や防災啓発にもなります)
 いつかは必ずやってくる大地震。そのとき地域はどうなるのか、マンションでの暮らしは大丈夫か、事前にどのような対策・計画が必要か等を、被災地の映像や各地の事例などを交えて分かりやすく解説します。
 とはいえ、怖がらせるだけ、専門知識を提供するだけ、理想を謳うだけの講演会では意味がありません。

 弊社では、その先の現実的な一歩をみなさん自身で考える機会となることを目標に取り組んでおり、「自分たちが何をすべきかよく分かった」「コミュニティの大切さを実感」「マンションのルールづくりに活かしたい」「防災ありきでない点が新鮮で大変参考になった」等、多くのご好評の声をいただいています。
 講演内容は、ご希望内容や事前のお打合せ、実際にマンション・地域を拝見した結果などに応じて都度考えています。講師が一方的にお話しするスタイルだけでなく、参加者のみなさんに頭や手を動かして一緒に考えていただく防災ワークショップも得意です(関連ページ)。

 マンションのお住まいの方々に防災意識を持っていただくきっかけとして、また、管理組合や自治会の活動のヒントとして、是非お役立てください。
◆これまでの演題、テーマの一例
  •  高層集合住宅の防災とコミュニティ
     
  •  芝浦地区の安全安心づくり
      〜よいまちは大災害時にも強い〜
  •  今大地震が起こったらどうなる?どうする?
      〜芝浦アイランド地区の安心安全を考えよう〜
  •  高層マンションの防災
      〜「高層難民」は他人事じゃない〜
  • 「高層集合住宅」の防災
       〜「港南地区の防災」の足元〜

* 高層マンションだけでなく、さまざまな防災講演会・防災ワークショップを行っています。
 お気軽にお問い合わせください。


活動実績へ→
 高層マンションの安全性・快適性は、一般に、電気や通信、水などのライフラインに依存しています。しかし、ひとたび大地震が起こると、これらは一時的に使えなくなる可能性が非常に高く、そうなると、たとえ建物が大丈夫でもマンション生活は深刻な影響を受けます。エレベータが動かない、水もお湯もトイレも使えない、余震で揺れ続ける、情報がない、あふれる人・ゴミ、悪臭や空気のよどみ、必要なものが手に入らない…。
 このようななかで頼りになるのは、最新設備ではなく、居住者同士の助け合いであり、コミュニティとしての連携や行動力です。

 弊社では、地域やマンションの現状をふまえ、そのマンションオリジナルの防災計画や防災マニュアルづくりをお手伝いしています。「災害時にどう動くべきか」はもちろん、そうできるようになるためには「日頃何をすればよいか」「どう備えるべきか」を含めた、地に足のついた現実的な計画を提案いたします。
 このとき弊社で大事にしているのが、管理組合や自治会、管理会社など、その計画の「主語」となる方々の意識・主体性です。
 いかに理想的であっても一方的なご提案では所詮は「絵に描いたモチ」です。「計画」「マニュアル」という立派な紙の束ではなく、「実際に動けるようになること」を真の成果と考え、真摯に取り組んでいます。

  • いざというときだけでなく、日常から取り組める計画
  • コミュニティ力、防災力向上のための具体的な計画
  • 災害発生時の被害・影響・活動等に関する総括的なシミュレーション
  • 周辺地域との連携を視野に入れた計画
  • 今後取り組むべき課題の明確化
 防災対策で「手っ取り早い」のは、防災グッズを購入することではないかと思います。
 最近は、水と食料、マンホールトイレ、階段用避難車、発電機、投光機などをマンションとして備蓄をしているところも少なくありません。

 しかし、モノがあるのは結構なことですが、実際には、災害時にそれを誰がどう配るのか、使うのか、設置するのか等を検討した上で購入している例は残念ながら少ないようです。これでは「宝の持ちぐされ」になるばかりか、災害時に無用な混乱を引き起こす可能性すらあります。

 弊社では、各マンションの状況を把握した上で、防災グッズ配備に関する基本的な考え方を整理してお示しします。
 たとえば、以下のような整理です。
◆どのような事態でどう使用することを想定した防災グッズなのか

◆どのような備蓄・配備が望ましいか
  •  個人で備えるべきか、マンションで備えるべきか
  •  マンションで備える場合、どこにどのように置くか
  •  マンションで備える場合、入れ替えなどはどうするか

◆災害時のために特別に備蓄すべきか、日常使用しているものの転用でOKか
  •  災害時のための備蓄でも日常に役立てられないか
 社外ネットワークを活かし、防災訓練時のグッズ展示などのお手伝いもしていますので、お気軽にお問い合わせください。

 マンションの防災力を高めるためには、全体での取り組みも大切ですが、世帯ごとの取り組みも欠かせません。しかし、現実には、世帯ごとの取り組みの推進はなかなか難しいのが現状です。実際、熱心な役員さんのおかげでマンション全体は進んでいるけれど、一般の居住者はほとんど関心を持っていないというケースは少なくありません。しかも、全体の取り組みを居住者に広報しても、逆に「マンションでやっているから個人は何もしなくてよい」という勘違いが生まれてしまうこともあります。

 弊社スタッフは、長年、防災啓発の分野に取り組んでおり、さまざまな地域で防災啓発事業を企画担当するとともに、「望ましい行動を引き出すにはどのようなコミュニケーションがよいか」という学術的な研究も積み重ねてきています。
 防災広報を「やりっぱなし」にはせず、具体的な目標をたて(Plan)、実行し(Do)、評価して(Check)、改善に結びつけ(Action)、その結果を次の計画(Plan)に活かすというPDCAサイクルのご提案も数多く行っています(関連ページ)。
 ポイントは、広報を受ける人(各世帯)の意識を知ることと、それをふまえた上で広報の「具体的な目標」を設定することです。

 弊社では、ご希望に応じて、防災広報のご提案、各世帯の意識調査、パンフレット等の原稿作成等を行っていますので、お気軽にお問い合わせください。

  • 居住者防災アンケート調査の企画実施と、その結果をふまえた広報の検討、実施支援
  • 各世帯向けマンション地震防災パンフレットの作成
  • マンション防災ニュースの企画、作成